ロハスクラブ/ LOHAS CLUB
第12回ロハスデザイン大賞2017今年のテーマはみんなでつくるローカルデザイン

今年のテーマは、
「みんなでつくるローカルデザイン」

ローカルとは、私たちの足元にある暮らしそのものだと、ロハスクラブは考えます。私たちの暮らしは、多様な生物、自然と共にあります。山や海、川もあり、四季折々、豊かな気候風土のなかで、先人たちはそれぞれの地域で、環境と調和し、ほかの生物と共生をする知恵や伝統を培ってきました。

私たちは今、地球温暖化という大きな問題に直面していますが、先人から受け継いだ持続可能な社会をつくる仕組み、そして、時代の先端をいく最新の技術を積極的に取り入れ、「賢い選択」をすれば、克服できるはずです。

そんな、「賢い選択」をするためには、自分の暮らしをどうデザインするかという視点が大切になります。ローカルとデザインを合わせた「ローカルデザイン」は、今を生きる私たちにとって重要な視点であり、これから先の未来を構築していくための新たな知恵や技となるのではないでしょうか。

2017年、第12回目を迎えるロハスデザイン大賞は、「みんなでつくるローカルデザイン」をテーマとして開催。ヒト・モノ・コトの3つのカテゴリーからのエントリーを募集し、未来へとつながるローカルデザインの数々を一堂に会して、通覧してみたいと考えます。

公募エントリー受付 2月~5月上旬(予定)
第1次審査 4月26日(水)~5月10日(水)(予定)
公募エントリーを対象にインターネット受付を実施
最終審査 5月中旬~5月末
第1次審査の上位エントリーなどを対象にした最終審査・投票
エキシビジョン(予定) 5月(予定)
最終ノミネートの展示・投票やステージイベントなどのエキシビジョン
大賞発表 6月5日(月・環境の日)(予定)
ヒト・モノ・コト3部門の大賞を発表

ロハスデザイン大賞とは?

ロハスデザイン大賞は、ロハスを体現しているヒト・モノ・コトを対象としたデザイン・プログラムとして2006年にスタートしました。生活者であるみなさん(個人メンバー)の審査・投票により、毎年6月に大賞の発表を行っています。ロハスなデザインとは、私たち人間 と地球が持続可能で健康的な関係を共有し、より豊かで快適なライフスタイルをつくっていくための知恵や思想、そして行動です。

個人メンバーについて

テーマとスケジュール 公募エントリー 第一次審査
最終審査 大賞の発表 LDAアーカイヴ